春曜山 実相院 西念寺(さいねんじ)

浄土宗 春曜山 西念寺(さいねんじ) 写経体験

孝謙天皇の時代(西暦749~)の創建と伝えられるが、定かではない。もとは鳥羽城内の三之丸に建立され、室町時代 法譽上人が住職(長禄元年、西暦1457~)となり中興開山上人となられた。  
 江戸時代 鳥羽藩主、内藤家(寛永十年、西暦1633~)の菩提寺となり、現在地に移転させたと伝えられる。本尊は阿弥陀如来立像、山門を入ると鐘楼、庚申堂、宝篋印塔、仏足石、地蔵尊石大座像、千体堂、観音堂、右側に本堂、庫裡がある。  
 内藤家は内藤和泉守忠勝公まで三代続く。延宝八年(1680)、江戸の増上寺(浄土宗大本山)で徳川四代将軍家綱公の法要で事件は起こった。鳥羽藩主忠勝公と相手の丹後宮津藩主、永井信濃守尚長公はかねてからの犬猿の仲であった。当日は双方とも警護を命じられていたが、尚長公の態度に面目を潰されたと思った忠勝公は意を決し、尚長公に切りかかりとどめを刺した。翌日、忠勝公は切腹、お家断絶となった。この事は松本清張著「増上寺刃傷」にも詳しく記されている。
 この事件の21年後に忠臣蔵で有名な赤穂藩主、浅野内匠頭長矩公の江戸城刃傷事件がおこる。実は、長矩公の母は忠勝公の実姉にあたることはあまり知られていない。又、四十七士の一人、奥田孫太夫重盛はもと鳥羽藩の家臣でその姉、波知が嫁入りした時付人として赤穂藩に移ったといわれている。
 350年の時を超えて、ここ鳥羽と赤穂とを結ぶ深い縁を感じるこのできごとである。内藤三代様は今も西念寺に眠り、本堂にご位牌、春曜山に墓所がある。そこから見える木々の深い緑と青い海が、遠い昔の悲劇を忘れさせてくれるようである。

写経会のご案内 心静かに自分を見つめてみませんか?

◆月一回の写経体験を行っています。

ご先祖のご供養のため、ご自身を見つめ直すためにも心静かに
西念寺で写経をしてみませんか。

多くの方々の参加をお待ちしております。

浄土宗の経文である「一枚起請文」「発願文」「四誓偈」の いずれかを写経します。
写経の前に経文を称え、住職の法話を聞きます。

※写経体験についてはお問合せ下さい。

年間行事予定

◆2月 涅槃会(ねはんえ)
✿涅槃会とは…仏教を開かれた、お釈迦様がお亡くなりになった日にそのご遺徳をしのび、その時の様子を描いた涅槃図を見て、その教えを聞き、ご回向するこ とをいいます。西念寺では「内藤忌」として内藤家三代様のご回向もさせて頂きます。
✿涅槃図…西念寺の涅槃図は歴史的にも貴重で、京都今出川の縫師によって刺繍されています。鳥羽藩主内藤忠勝公の願いで一代、二代様の戒名が掛け軸の風帯に刺繍されています。周りには内藤家や檀家様の戒名が刺繍されています。延宝6年(1678)作と刺繍されていますが、この日付は、あの江戸増上寺刃傷事件で鳥羽藩がお家断絶お取り潰しになった日のたった2年前になり、内藤家の悲劇が目に浮かびます。さらに裏には江戸安政の大地震の時にこの図も被害にあったらしく、修復したことが書かれその回向をした人の名前が書かれています。この中には、近隣在住のご先祖様の名も見られます。
 涅槃図には多くの弟子や動物たちが悲しんで集まってきています。お釈迦様が亡くなったことで8本の沙羅双樹の木が半分変色しています。具合が悪いことを心配してお母さんのマヤ夫人が極楽浄土から右上に来ています。手前でびっくりして気を失った阿難尊者が倒れています。 年1回の尊いご開帳です。みなさまお誘い合わせの上、ご来寺ください。

◆5月 花まつり
仏教を開かれた、お釈迦様の誕生をお祝いするお祭りです。お釈迦様がルンビニー園という花園 で、生まれた故事にちなみ花御堂をきれいなお花で飾り、誕生仏に甘茶をかけ、手を合わせお参りをします。

施設情報

寺名 浄土宗 春曜山 西念寺(さいねんじ)
住職 筧佳人
住所 〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽4-4-19
電話 0599-25-2590
ホームページ #

鳥羽なかまち お店紹介一覧へ戻る »